日本酒・焼酎から検索
焼酎から検索
いも焼酎から検索

甚七25°1800ml[芋焼酎]【RCP】

甚七25°1800ml[芋焼酎]【RCP】
甚七(じんひち) 旨みの深さとすっきりとした切れの良さ【販売店限定品】 ☆大山甚七商店(宮ヶ浜蒸留所) 錦江湾と開聞岳を望む海岸沿いに大山甚七商店はあります。明治初期に創業。代表銘柄である"薩摩の誉" 指宿の地元でもっとも愛されている焼酎だと言えます。 ☆甚七 夕日のきれいな宮ヶ浜から湧き出るミネラル豊富な地下天然水と、焼酎の原点である黒麹、南薩摩で取れた新鮮な掘りたてのさつま芋(黄金千貫)だけを使用し、 初代甚七から代々受け継がれてきたかめ壺で仕込み、小型の常圧蒸留器で丁寧に仕上げました。 風味は焼き芋のように香ばしく、黒麹特有の軽快な甘味ときめ細かい旨みの深さがありながら、すっきりとした切れの良さが特徴です。 ☆飲み方 ストレート、ロックはもちろん、お湯割りは伸びのあるふくよかな味わいが楽しめます。 【容量】 1800ml 【度数】 25° 【原材料】さつま芋(黄金千貫) 【産地】鹿児島 【蔵元】 大山甚七商店 【他銘柄】薩摩の誉、問わず語らず名も無き焼酎かつて南薩随一の交易港として栄えた指宿・宮ケ浜に地元で愛され続けるその蔵元はあります。 豪商浜崎太平次とも親交があった初代大山甚七が明治8(1875)年に興した蔵が大山甚七商店です。 「薩摩の誉」「甚七」「問わず語らず名も無き焼酎」など、こだわりの銘柄の数々は、 地元指宿で最も愛される焼酎と言えるでしょう。 夢を追い続けて〜五代目杜氏 大山修一氏〜 現在の大山修一杜氏は5代目。 急遽した先代の後を継ぎ、25年以上大山甚七商店の焼酎に携わってきました。 そして25年間「五感を駆使した焼酎造り」一筋に頑張ってこられました。 しかし、「焼酎を論理的に学んでみたい…」と奮起! なんと鹿児島大学、大学院農学研究科の焼酎学講座の現役学生さんなんです!! 「焼酎を世界の5大蒸留酒の一つに押し上げたい!」 その夢に向かい今日も走り続けます。 大山甚七商店 〜蔵元案内〜